審美歯科について

審美歯科治療とは

審美歯科とは、健康的で美しい歯や歯肉を作ることを目的とした総合治療です。
当医院では、「歯を白くしたい」「歯並びを整えたい」「健康的な歯肉を取り戻したい」といった患者さんのニーズに応えるべく、専門的な知識と技術を結集させて治療を行います。
健康的で美しい口元だけでなく、あなたらしい素敵な笑顔を手に入れてください。

当院の審美歯科治療

部分的な虫歯治療の際、歯の切削量が多くなった場合には、ハイブリッドインレー(ポーセレンとレジンの中間のもの)またはセラミックインレーを選択していただきます。
咬み合わせによっては金属を入れた方がよいこともありますので、ゴールドインレー(18Kや20K)などを選択していただくこともございます。

治療例

Porcelain Fused to Metal(PFM)セラモメタルクラウン
メタル(金属)の土台の外側にセラミック(陶器)を貼りつけたクラウン(冠・被せもの)です。プラスチックの被せものに比べて審美的に変色しづらく、強度もあるため審美歯科治療によく用いられます。
オールセラミック
歯を全体的に薄く削って、その上からセラミック製のクラウン(冠)を被せる修復法です。天然歯の色に合わせて作ることができ、治療期間が比較的短いという特長があります。短期間で口元を美しくしたいという方に適しています。
セラミックインレー
セラミック製の詰めもの、またはそれを使った修復法です。虫歯治療に一般的に用いられる銀の詰めものが気になる方におすすめします。セラミックインレーは周囲の天然歯と同じ色の素材で作製されるため自然な仕上がりです。金属を一切用いないため、金属アレルギーが気になる方にも最適です。詳細は来院時にご相談ください。
ボーセレン ラミネートベニア
歯の表面だけを薄く削ってセラミック製のチップを貼りつける修復方法です。安全かつ美しい仕上がりが特長で、現在審美歯科の主流となっています。歯の色や形、詰めものの変色、治療の痛みといった諸問題を、よりダメージの少ない方法で解決できます。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の表面に専用の薬剤(ホワイトニングジェル)を塗って漂白する治療のことで、今若い女性を中心に大変人気を博しています。
元プロ野球選手の新庄さんが行っていることでも有名です。
ホワイトニングを施せば、タバコのヤニやコーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素が歯の内部まで沈着していても、真っ白に輝く歯を取り戻すことができます。
それでは、2つあるホワイトニングの方法「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」、そして「マニキュア」について見てゆきましょう。

オフィスホワイトニング
歯科医院にて歯科医師が行うホワイトニングのことです。
オフィスホワイトニングでは、高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光線を当て活性化させてゆきます。短時間で歯を白くできるのが特長です。
ホワイトニング効果には個人差がありますが、1回のホワイトニングで明らかな違いを感じることができるでしょう。「すぐに歯を白くしたい」そんな方にピッタリです。
施術は1時間ほどで完了します。白さを長期間にわたって持続させるためには、歯科医院にて3~6か月に1回の周期でアフターケアを受けることをおすすめします。
ホームホワイトニング
歯科医師の指導のもと、自宅で行うホワイトニングのことです。
歯科医院にて作製した「マウスピース」に低濃度の薬剤(ホワイトニングジェル)を注入して装着する方法で、即効性に欠けはしますが、2~3回繰り返すことでホワイトニング効果を実感できるようになります。
日中に数十分間装着するタイプと睡眠中に装着するタイプがありますが、2~4時間を目安に毎日行うのが一般的です。なお白さを維持するために6か月~1年に1回、歯科医院にてアフターケアを受けることをおすすめします。
マニュキュア
結婚式などの各種イベント時は、真っ白に輝くきれいな歯で迎えたい。そんな方にピッタリの方法です。個人差はありますが、約3~6か月にわたり白さをキープできます。

治療例