大人と子どもの予防歯科

子どもの予防歯科

お子様のお口は、非常に虫歯になりやすい環境にあります。
お子様向けの予防歯科としては、以下のような方法があります。

正しいブラッシング
子どものうちから、正しいブラッシング方法を身につけておき、歯磨きの習慣をつけることが大切です。
フッ素塗布
食べ物を食べるとお口の中に酸が作られ、歯の表面が溶かされて虫歯となります。
フッ素塗布は、歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。
シーラント
奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法で、あらかじめ虫歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
六歳臼歯に効果的です。

大人の予防歯科

年齢を重ねるにつれて歯周病になりやすくなる大人は、歯石や歯垢の除去がますます重要となります。日頃のご自宅でのケアはもちろん重要ですが、定期的な歯科医院での予防歯科が大切となってきます。

ご自宅でのセルフケア
毎日のブラッシング、オーラルケアグッズの使用の他、食習慣も影響します。
歯科医院でのプロケア
歯科医院でしかできないプロフェッショナルなケアがあります。

PMTC

「PMTC」とは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略で、専用機器を使う歯のクリーニングのことです。自分でどんなに丁寧に磨いていてもすぐに汚れが溜まる部分や歯ブラシが届かない部分は必ずあります。
PMTCは、こうした部分の汚れまで完全に除去して、虫歯や歯周病の原因をなくします。また、歯のエナメル質を強化するフッ素を塗布することで、虫歯に強い歯質に変えることができるのです。

ブラッシング指導

毎日歯を磨いているのに虫歯になってしまう。
もしかしたら、キチンとブラッシングができていないのかもしれません。
歯みがきは場所によって適した磨き方があります。
正しいブラッシングの指導を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

プラークコントロール

予防歯科として最も有効な手段は、プラークコントロールです。
プラークを除去するためには、やはり毎日の歯磨きが重要です。
必要に応じて、デンタルフロスや歯間ブラシ等の併用が効果的です。

お子様には

お子様には、正しい歯みがきの指導や、フッ素塗布などを行っております。
正しい予防を子どもの時から行う事で、将来のお口の健康へとつながります。

定期検診をしましょう

定期検診をすることで、虫歯や歯周病を早期に発見でき、お口の状態を確認し、定期的に歯のクリーニンングや入れ歯の調整を行うきっかけにもなります。

定期検診で、お口の健康維持と早期発見が重要です!