歯周病のリスク

歯周病とは

歯磨き粉や歯ブラシのテレビコマーシャルで頻繁に耳にするようになった歯周病。
歯周病は歯肉や歯周組織に炎症が起こる病気で、虫歯と違って自覚症状がないまま進行してゆくため早期発見が難しいという特徴があります。
症状が進むにつれ、歯肉から血や膿が出てきたり、口臭がひどくなってきたりします。
さらに症状が悪化すると、最終的に歯が抜け落ちたり、歯を支える骨が溶けてしまったりするなど、大変恐ろしい病気なのです。
また歯周病菌が糖尿病や心臓病、肺炎、早産などの引き金になるという研究結果も出ており、歯科治療にとどまらず総合的な医療が必要になってくるケースさえあります。

歯周病の原因とは何でしょう

歯周病の主な原因は、「細菌が歯と歯肉のすき間などに溜まること」です。
定期的に歯科医院で検診を受け、早期発見・早期治療を心がけることこそ、大病を避け健康を維持する秘訣(ひけつ)だと言えるでしょう。

歯周病はお口の中だけの病気ではありません

歯周病はお口の中でのみ、影響を及ぼす病気ではありません。
歯周病は、全身に疾患を及ぼす病気なのです。
では、どういいた影響を全身に及ぼすのでしょうか。

糖尿病
歯周病は糖尿病の合併症の一つです。
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。
実際、糖尿病の人は歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。
さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになり、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになったきました。
骨粗しょう症
歯周病が進行しやすい原因として最も重要と考えられているのが、エストロゲンの欠乏で、エストロゲンの分泌が少なくなると全身の骨がもろくなり、歯をささえる歯槽骨ももろくなります。
多くの研究で、骨粗鬆症と歯の喪失とは関連性があると報告されています。
早産の可能性
早産の主な原因の一つは歯周病のような慢性感染症です。
歯周病原菌が子宮内へ感染すると、歯周病原菌の内毒素などが胎児の成長を阻害、また、子宮を収縮させる可能性もあるのです。
心筋梗塞・狭心症
歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て、血管内にプラークが出来、血液の流れを邪魔してしまうのです。
脳梗塞
脳の血管のプラークが詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まったりします。

その他、がんや敗血症、消化器系の疾患など、歯周病は全身に影響を及ぼします。

もしも歯周病で歯を失ってしまったら

歯周病が進行していくと、最終的に歯を失ってしまいます。
その際の治療方法として、インプラント(人口歯根)があります。

インプラント治療について

インプラント治療とは、歯の欠落箇所にチタン製のインプラント(人工歯根)を植え込み、その上から人工の歯冠を取りつける治療です。
チタンは生体親和性が非常に高く、顎の骨としっかりと結合します。
審美的にも構造的にも天然歯となんら変わらず、入れ歯やブリッジといった従来の治療に比べて周囲の健康な歯への負担も最小限にととめることができます。
当医院では、歯を失ってお困りの方にインプラント治療をおすすめいたします。

インプラントの流れ

インプラントの流れをご紹介します

初診/カウンセリング
まず患者さんの悩みをお聞きします。その後、どういった症状なのかを詳しく診てゆきます。さらにインプラント治療の概要やメリット・デメリットを分かりやすくご説明いたします。
検査
インプラント治療の前には、「血液検査」「口腔内検査」「レントゲン検査」「CT検査」といった検査項目がございます。外科手術のリスクを最小限に抑えるためには、入念な検査が不可欠です。
診査、診断/治療計画の決定
充分な検査の後、インプラント治療に関するより詳しい説明や治療計画についてお話しいたします。当医院では、患者さんに合わせた綿密な治療計画を立案することを心がけております。
インプラント治療
ここでは一般的なインプラント治療を例にとりご説明いたします。まず局部麻酔を行い、顎の骨にチタン製のインプラントを挿入します。
グラつかないようにしっかり固定してから、切開した歯肉を閉じ、新しい歯の土台が完成。インプラント埋入手術の後は、インプラントと骨が結合し安定するまで待ちます。
※数か月でチタン(インプラント)と骨がしっかりと結合します。
インプラントと骨が結合したら歯肉からインプラントを露出させ、人工歯を取りつけるための部品(アバットメント)とインプラントを連結させます。
メンテナンス/定期検診
インプラント治療後は、患者さんご本人によるメインテナンスおよび歯科衛生士による定期検診が必須です。長期間インプラントが機能するように、インプラントとその周辺を常に清潔に保たなければなりません。
日々のブラッシングに加え、インプラント専用の清掃器具を使用しましょう。インプラントを支える周囲の歯肉が病気(インプラント周囲炎)にかかってしまうと、せっかくのインプラントが抜け落ちてしまいます。

またご自身でのメインテナンスに加え、歯科衛生士による定期検診(2か月に1回が理想)をおすすめします。ご自身のメインテナンスでは充分に行き届かない部分を徹底的にクリーニングいたします。

治療例